アンティークシャンデリア修理 <アンティークの修理、修復の実例をご紹介!>

今回はアンティークシャンデリアのソケット、配線交換とクリーニングです。
▫️
元々ついていたソケットはE14、そのソケットが壊れてしまったため日本製E12のソケットに交換。
E12はE14に比べてソケットの径が小さく、現状のE14用のろうそく型のソケットカバーをそのままでつけるとガタガタ左右に動いてしまうので…ガタガタしないように加工してあります。
▫️
配線も痛んでいたのでこれからまた永く使っていただくために交換です。
▫️
ソケットと配線交換のためにまず分解。
▫️
フレームもアンティークドロップガラスも綺麗にクリーニング。
フレームのクリーニングと言ってもピカピカに磨きあげるわけではありません。
アンティークらしさを残しつつ、埃、汚れを落とします。
▫️
ガラスドロップもガラスクリーナーで粒一つ一つを丁寧に綺麗に。
▫️
今回も使用に耐える安全性を第一に、綺麗に仕上げて元の状態に戻して欲しいとのご依頼でしたので綺麗に仕上げました。
綺麗にと言っても永く時間を経てできたアンティーク本来の持っている古傷を出来る限りのそのままに、質感は現在の全体コンディションに合わせて仕上げます。
▫️
今回もお客様に喜んでいただけたので嬉しいです。いつもお客様に喜んでいただけるのを楽しみに仕事してますっ!!

アンティーク修理の詳細はこちらから

アンティーク商品のペンダント器具用ソケットとギャラリーを黒染め作業!<アンティークの修理実例をご紹介>

 

お世話になっております。

久々のアンティーク修理の実例です。

お客様に商品になるまでの過程も知っていただきたいので今回このお話。

新品の真鍮ソケットカバーとギャラリーはもちろんピッカピカ。

真鍮は経年変化を楽しめる金属。その特性はアンティークとの相性はよく、アンティークのガラスシェードなどに多くの商品・修理に使っています。

 

でも今回のブロンズのシェードのようにピッカピカがちょっと合わないものもあります。

そういう時は黒染めと言って表面を化学反応させてエイジングをします。

今回のように黒っぽいものには強く黒味を、真鍮が曇ったように仕上げたりと調整しながらそれぞれに合った仕上げをします。

例えばアンティークのブラケットがシャビーシックないい雰囲気なのにピッカピカの真鍮のソケットが付いていたらちょっと違和感ありますよね…

確かに経年変化を楽しむことのできる素材なので少し待てばくすみますが…

 

アンティークをご紹介するにあたって、ただ綺麗にということではなく、雰囲気も合わせて清潔・綺麗に、安全に、機能的にということがアンティークやヴィンテージに相応しい修理・修復だと思います。

また次回もお楽しみに~

Before(下)、After(上)

 

 

Oku-Antiques HP

アンティーク家具出張修復、修理、ショップ、買取、委託販売、その他家具の修理、加工、改造、アンティーク照明器具・ランプ・スタンドの修復、修理、加工を承っております。

Antique Furniture Shop

イギリス、フランス、ヨーロッパ、アメリカのアンティークやヴィンテージの家具・雑貨・照明、ランプのネットショップです。

 

Oku-Antiques へのお問合せは

  • Mail info@oku-antiques.com
  • Tel 090-6515-3867 (10:00~18:00)
  • LINE LINE ID 「 @oku-antiques 」

友だち追加数

follow us in feedly


アンティークフロアランプのカスタム(加工)。アンティークランプ(照明)修理、加工の実例をご紹介!

 

お世話になっております。

アンティークランプ(照明)修理、加工の実例をご紹介!

アンティークのフロアスタンドの天板を製作、加工(カスタム)をご紹介いたします。

 

まず現状です。

アンティークフロアランプのカスタム(加工)その1

アンティークフロアランプのカスタム(加工)その2

フロアランプの天板は樹脂製。

お客様 「その樹脂の感じがどうも気になる・・・」 とのこと。

この形は気に入っているので形を変えずに木で天板製作をして欲しいとのご依頼です。

 

現状は非常に薄く、厚みもできる限り現状に近づけて欲しいということなので・・・

アンティークフロアランプのカスタム(加工)その3

5mmのベース合板にマホガニーの化粧板を貼り、形、穴の位置を整えます。

濃いマホガニー色がご希望でしたので濃く仕上げます。

 

完成~!!

アンティークフロアランプのカスタム(加工)その4

うん、いい感じ!

真鍮がより映えますね!!

アンティークフロアランプのカスタム(加工)その5

 

画像を忘れてしまったのですが・・・天板の加工にあたって、配線を一度はずさなくてはいけません。

天板製作後にまた元に戻し、必要な検査(外観、通電、絶縁耐力検査)を行い安全をチェック!

 

アンティークフロアランプのカスタム(加工)その5

木目は柾目。

モダンなデザインによく合います。

 

本日は以上となります!

また次回をお楽しみに~

 

 

Oku-Antiques HP

アンティーク家具出張修復、修理、ショップ、買取、委託販売、その他家具の修理、加工、改造、アンティーク照明器具・ランプ・スタンドの修復、修理、加工を承っております。

Antique Furniture Shop

イギリス、フランス、ヨーロッパ、アメリカのアンティークやヴィンテージの家具・雑貨・照明、ランプのネットショップです。

 

Oku-Antiques へのお問合せは

  • Mail info@oku-antiques.com
  • Tel 090-6515-3867 (10:00~18:00)
  • LINE LINE ID 「 @oku-antiques 」

友だち追加数

follow us in feedly