アンティークベントウッドチェア座面修理です。<アンティークの修理と修復の実例をご紹介>

今回はアンティークベントウッドチェア座面修理です。
▫️
ベントウッドの座面がバッキバキに割れてしまっています…
▫️
アンティークベントウッドの座面は薄いプライウッド(ベニヤ)にエンボスの型押ししたものが多いですね。
▫️
その薄さから本体は大丈夫なのに座面が割れてしまうということがよくあります。
▫️
この割れさ加減と割れた破片がないのでお客様とご相談、新たにベニヤの座面を作ることといたしました。
▫️
ただベニヤを新しくして塗装では味気ないので…また座面の高さを変えたくないとのご希望でしたのでベニヤに布地を張ることに。
▫️
布地はお客様に選んでいただいたもの、COOOOL!
▫️
布地は巻き込んで、木口にも生地があるように、巻き込んだ生地が裏に出ないように処理いたしました。
▫️
最後に仕上がった座面を本体に接着して完成です!
▫️
今回も使用に耐える安全性を第一に、綺麗に仕上げて元の状態に戻して欲しいとのご依頼でしたので綺麗に仕上げました。
綺麗にと言っても永く時間を経てできたアンティーク本来の持っている古傷を出来る限りのそのままに、質感は現在の全体コンディションに合わせて仕上げます。
▫️
今回もお客様に喜んでいただけたので嬉しいです。いつもお客様に喜んでいただけるのを楽しみに仕事してますっ!!

アンティーク修理の詳細はこちらから

マホガニーのアンティークエクステンションテーブルの天板再塗装、脚の締め直し、エクシテンション機能部の調整です。<アンティークの修理と修復の実例をご紹介>

今回はマホガニーのアンティークエクステンションテーブルの天板再塗装、脚の締め直し、エクシテンション機能部の調整です。
▫️
エクシテンションテーブルの主天板は何十年も使用されて大分傷んでいます…
エクシテンションの追加天板はほとんど使っておられないようで購入時からコンディションに変わりがないようなので主天板のみ剥離いたしました。
▫️
剥離後の天板を乾燥させている間に脚を締め直します。
▫️
組み上げて開閉のための滑りを良くするため調整をいたします(すみません、画像撮り忘れました…)
▫️
主天板はエクシテンションの天板、脚に色とマットな艶、質感を合わせて仕上げました。
▫️
今回も使用に耐える安全性を第一に、綺麗に仕上げて元の状態に戻して欲しいとのご依頼でしたので綺麗に仕上げました。
綺麗にと言っても永く時間を経てできたアンティーク本来の持っている古傷を出来る限りのそのままに、質感は現在の全体コンディションに合わせて仕上げます。
▫️
今回もお客様に喜んでいただけたので嬉しいです。いつもお客様に喜んでいただけるのを楽しみに仕事してますっ!!

アンティーク修理の詳細はこちらから

アンティークシャンデリア修理 <アンティークの修理、修復の実例をご紹介!>

今回はアンティークシャンデリアのソケット、配線交換とクリーニングです。
▫️
元々ついていたソケットはE14、そのソケットが壊れてしまったため日本製E12のソケットに交換。
E12はE14に比べてソケットの径が小さく、現状のE14用のろうそく型のソケットカバーをそのままでつけるとガタガタ左右に動いてしまうので…ガタガタしないように加工してあります。
▫️
配線も痛んでいたのでこれからまた永く使っていただくために交換です。
▫️
ソケットと配線交換のためにまず分解。
▫️
フレームもアンティークドロップガラスも綺麗にクリーニング。
フレームのクリーニングと言ってもピカピカに磨きあげるわけではありません。
アンティークらしさを残しつつ、埃、汚れを落とします。
▫️
ガラスドロップもガラスクリーナーで粒一つ一つを丁寧に綺麗に。
▫️
今回も使用に耐える安全性を第一に、綺麗に仕上げて元の状態に戻して欲しいとのご依頼でしたので綺麗に仕上げました。
綺麗にと言っても永く時間を経てできたアンティーク本来の持っている古傷を出来る限りのそのままに、質感は現在の全体コンディションに合わせて仕上げます。
▫️
今回もお客様に喜んでいただけたので嬉しいです。いつもお客様に喜んでいただけるのを楽しみに仕事してますっ!!

アンティーク修理の詳細はこちらから