アンティークシャンデリア修理 <アンティークの修理、修復の実例をご紹介!>

今回はアンティークシャンデリアのソケット、配線交換とクリーニングです。
▫️
元々ついていたソケットはE14、そのソケットが壊れてしまったため日本製E12のソケットに交換。
E12はE14に比べてソケットの径が小さく、現状のE14用のろうそく型のソケットカバーをそのままでつけるとガタガタ左右に動いてしまうので…ガタガタしないように加工してあります。
▫️
配線も痛んでいたのでこれからまた永く使っていただくために交換です。
▫️
ソケットと配線交換のためにまず分解。
▫️
フレームもアンティークドロップガラスも綺麗にクリーニング。
フレームのクリーニングと言ってもピカピカに磨きあげるわけではありません。
アンティークらしさを残しつつ、埃、汚れを落とします。
▫️
ガラスドロップもガラスクリーナーで粒一つ一つを丁寧に綺麗に。
▫️
今回も使用に耐える安全性を第一に、綺麗に仕上げて元の状態に戻して欲しいとのご依頼でしたので綺麗に仕上げました。
綺麗にと言っても永く時間を経てできたアンティーク本来の持っている古傷を出来る限りのそのままに、質感は現在の全体コンディションに合わせて仕上げます。
▫️
今回もお客様に喜んでいただけたので嬉しいです。いつもお客様に喜んでいただけるのを楽しみに仕事してますっ!!

アンティーク修理の詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA