アンティークのオークチェア座面張替。アンティーク家具の修理の実例をご紹介!

 

お世話になっております。

アンティーク家具の修理の実例をご紹介!

今回は オークチェアの座面張替 です。

オークチェアの座面の張替なんて簡単そうだよね~って思われる方もいるかもしれません。

これが結構大変なんですよ・・・

まずは裏側。

アンティークのオークチェア座面張替。アンティーク家具の修理の実例をご紹介!1

椅子の張り方は色々ありますが今回はウェービングが使用されています。

生地は一度お客様ご自身で張り替えたようです。

生地を留めてあるのはホチキスの針の強力版。タッカーを使ってバシバシ留めていきます。

表面の生地を張りかえるにはまずこの針から綺麗に取り除いていきます。

これが椅子張替の共通の一番大変な作業・・・

この座面一つからでた針や釘はこんなに・・・

アンティークのオークチェア座面張替。アンティーク家具の修理の実例をご紹介!2

実はこの黒い布の中にオリジナルの生地がそのまま張ってありました。

それを綺麗に取り除くには、体力、気力、根気が必要です。

この作業を一度皆さんに体験してほしい・・・そうしたら「張替代金って高くない?」って絶対いえないと思うんです・・・

この針をそのまま残すことは正常な椅子張り屋さんなら絶対にないことです。

だってその針が飛び出てたらお客様に刺さっちゃいます・・・

また新たに張り替える際に針を打つのですが、十分に刺さらず強度が出ません・・・

 

綺麗に取り除きました!

アンティークのオークチェア座面張替。アンティーク家具の修理の実例をご紹介!3

ウェービングの直しと下地は補修済み。

1脚取り除くのにもこの齢40を超えた身体にはこたえます。

ましてダイニングセットは4脚セット・・・手、手が・・・

 

この後は楽しい楽しい表面の張替。

アンティークのオークチェア座面張替。アンティーク家具の修理の実例をご紹介!4

綺麗になりました~

チェアの本体も綺麗にしてあげて完成!

今回は黒のモケット生地。シックで落ち着いた印象のオークチェアに仕上がりましたね。

 

最後は楽しい作業ですがその下処理は過酷・・・

アンティーク修理というとクリエイティブでカッコいい仕事だと思われがちですが、その手前は根気のいる地道な力作業なんです・・・

でも綺麗に表面を張り替えて努力が報われた気がします!

 

オークチェアの座面は落とし込みのものが多く、張替が容易にできるので楽しいアイテムです。

気分を変えたいとき、インテリアの模様替えをしたいとき、お引越しなどそのときの気分で張替が可能です。

オークチェアはアンティークの入り口としておススメアイテムの一つです!!

 

今日はここまでです。

次回をお楽しみに~

 

 

Oku-Antiques HP

アンティーク家具出張修復、修理、ショップ、買取、委託販売、その他家具の修理、加工、改造、アンティーク照明器具・ランプ・スタンドの修復、修理、加工を承っております。

Antique Furniture Shop

イギリス、フランス、ヨーロッパ、アメリカのアンティークやヴィンテージの家具・雑貨・照明、ランプのネットショップです。

 

Oku-Antiques へのお問合せは

  • Mail info@oku-antiques.com
  • Tel 090-6515-3867 (10:00~18:00)
  • LINE LINE ID 「 @oku-antiques 」

友だち追加数

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA