アンティーク家具に使われているビス(木ねじ)や釘について

こんばんは。

いやー今日はびっくりしました。
雪降りましたねー
寒かった・・・・

さて今日はアンティーク家具に使われているビス(木ねじ)についてお話したいと思います。

アンティーク家具に限らず古い良い家具には釘やビスが使われていないと思われてる方はいませんか?

アンティーク家具にはほとんどといってよいほど釘やビスが使われているんです!!

年代の新しいアンティーク家具やリプロダクションなどはプラスのビスが使われていますが、大体のアンティーク家具はマイナスのビスが使われています。

マイナスのビスは日本にはほとんど売ってません・・・

使うマイナスのビスは、取っておいたマイナスのビスコレクションの中からサイズの合うものを探すか、イギリスなどの海外から輸入したマイナスのビスを使うしかありません。

ビスを使うことは別に悪いことではありません。

例えばチェストなどの笠木などのパーツを固定する場合や丁番、引き手など金属部品の固定等に使われています。

使うところを間違えなければ非常に使えアイテムです。

ただやってはいけないことがあります。
それは接合部のゆれや緩みに対して安易にビスを使用してしまうことです。

接合部に緩みや隙が出ている場合、破損しないように(当然のことです)ばらします。
その隙にはゴミや膠の塊がついているのでしっかり取り除きます。
その後木工ボンドを入れ、しっかりハタガネと呼ばれる金属製の締め具で圧着するのが当たり前の修復です。

ですがばらさず隙を少し大きくした所に木工ボンドを入れ圧着すると言う邪道な修理(修理とも呼べない行為)を行い、なおかつ補強のためと称してビスをぶち込んでしまう・・・乾燥時間を取らなくていいようにハタガネで締めてビスで留めて、ハタガネをはずすという荒業をしている所があるようです・・・嘆かわしい・・・・

接合部にはダボやぼぞが使われていて、それがやせたりすることで緩みが出てきてしまうのですが、ほぞに木を足したり、ダボを太いものに変えたりすればがっちり固まるのです。それをせずにビスを打ってしまう最低なやり方にうんざりしてしまいます。

そのようにビスを打つことで大きな問題がもうひとつあります。

元々接合部にあるダボやほぞをビスが破損させてしまうということです。

破損させてしまうことで強度が落ちます・・・
また不用意に打ったビスによって接合面が歪んでしまったり、最悪躯体全体が歪んでしまうことにもなりかねません・・・

そのビスを打って緩みが出てしまったときにほぞやダボをやり直すことはもちろんのこと、ゆがみを直したり、強度を元に戻したりと凄く手がかかってしまうのです・・・
その安易なビス1本がやらなくていい修理を生みお客様が負担をしなくてはいけなくなるのです。

アンティーク家具を購入しようと思っている方は様々な接合部付近に安易にビスが打たれていないか必ず確かめて気ださい。

必要な部分は使うことで強度を増すのでそれはいいことなので、わかりづらいですが混同しないでくださいね。

特に脚部のストレッチャー(貫といわれています)の裏側は要注意です。

家具が小さいものならご自分で見れるとは思いますが簡単に裏側をみれない場合は店員の人に持ち上げてもらって確認してください。

もしあった場合はお店の人に理由を聞いてみてください。ちゃんと答えられない場合は・・・よく考えましょう。

あとビスのマイナスとプラスをどのように使い分けいるかというと、見えるところ(通常使用していて目に付く所)には必ずマイナスのビスを使っています。

そのほかの見えないところ(背中裏や底裏等)だけにプラスのビスを使用するようにしています。
ビスを打ちすぎないように注意しながらやっています。

今日はこの辺で

次回は

お楽しみに。

そうでした!!!なぜ明日雪になってほしくないかというと
お客様第一号の修復ご依頼の家具のお引取りに伺うのです。

いやーうれしいです!!!

改めてこれからお客様に満足していただけるよう努めて生きたいと思いますのでよろしくお願い致します。

詳しい内容についてはnoteにてお話しますね。
お楽しみに。

それではまた

 

 

Oku-Antiques HP

アンティーク家具出張修復、修理、ショップ、買取、委託販売、その他家具の修理、加工、改造、アンティーク照明器具・ランプ・スタンドの修復、修理、加工を承っております。

Antique Furniture Shop

イギリス、フランス、ヨーロッパ、アメリカのアンティークやヴィンテージの家具・雑貨・照明、ランプのネットショップです。

 

Oku-Antiques へのお問合せは

  • Mail info@oku-antiques.com
  • Tel 090-6515-3867 (10:00~18:00)
  • LINE LINE ID 「 @oku-antiques 」

友だち追加数

follow us in feedly