アンティークキャビネットの脚の締め直し、全体のクリーニングと磨き直し。 アンティークの修理、修復実例をご紹介!

以前この最初の画像だけで修理の過程をご紹介していないのに写真を整理していたら気づき…改めて😎
▫️
逆さまになってます…
なぜって?脚がグラグラで…それを止めるのにお客様が電気コードをグルグル…ある意味アート😆なんだかいい感じ。
▫️
あとは全体的にくすんでしまっているのでクリーニングと磨き直しのご依頼です。
▫️
まずは脚部分を本体から外し、グルグルコードも泣く泣く取り外し😭
▫️
脚をバラバラに分解。
▫️
締め直しして本体に取り付け。
▫️
あとはクリーニングと磨き直しで完成!
▫️
今回も綺麗に仕上げて元の状態に戻して欲しいとのご依頼でしたので綺麗に仕上げました。
綺麗にと言っても永く時間を経てできたアンティーク本来の持っている古傷を出来る限りのそのままに、質感は現在の全体コンディションに合わせて仕上げます。
▫️
今回もお客様に喜んでいただけたので嬉しいです。いつもお客様に喜んでいただけるのを楽しみに仕事してますっ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA