アンティーク家具の梱包方法、発送まで

こんばんは。

今日は アンティーク家具の梱包方法、発送まで です。

アンティーク家具を発送するのはお客様はもちろんのこと発送させていただく私もどきどきします。

運送会社によっては非常に荷物を荒く扱うところもあり、運送会社の選別は必要不可欠です。

お客様が気に入られて購入されたアンティーク家具を破損されてはたまったもんじゃありません。

そんなお客様の不安を打ち消すために梱包はこのように行っています。

ベントウッドを例にお話します。

まずは平面の部分が大きいところに薄紙を巻きます。

特に広い面は梱包材が接しやすく、夏場などはエアキャップ(プチプチのことです)くっついて後になってしまう可能性もあるので先に薄紙を巻いておきます。

次にエアキャップ(プチプチのことです)で全体を巻きます。
もちろん二重巻きです。

脚の裏もしっかり巻き込みます。

次に角にエアキャップを当てます。
角は当たりやすいので二つ折りにしたエアキャップを必要な分に切って当てます。

脚の裏と脚先はもっとも破損の可能性のある部分です。
そこにはダンボールを箱型にして脚に履かせます。
こうすることで破損、汚れ、濡れから家具を守ってくれます。

最後に包装紙で巻きます。
包装紙といっても強い包装紙ですので破れる心配はありません。

最後にPPバンドといわれるバンドを巻いて
梱包が外れないようにして終了です。

箱物はダンボールに入れますが、こういう椅子の場合は箱にいれてしまうと粗雑に扱われる場合があるようで倒れて欠損ということもありました。

椅子の場合などは形を見せてあげることでそれが何かを認識してもらえるので破損を防ぐ効果があるようです。

アンティーク家具を破損させないように、なおかつお客様のところであまりごみにならないように梱包する。ある意味梱包も芸術です。

遠方のお客様にはこのように安全に品物がつくように日々模索しています。

発送をご希望のお客様にもうひとつお勧めなのはヤマトのらくらく引っ越し便です。
これはヤマト運輸のほうで梱包してくれるのでヤマト運輸にかなりのプレッシャーをかけてくれます。そのため非常に梱包も丁寧で、破損にも十分すぎるほど気を使っているようです。

近場のお客様には自社納品で安全にお届けいたします。

オクーアンティークスでは
アンティーク家具のフィッティングというサービスをさせていただいております。
簡単にお話しますと、アンティーク家具をネットで見ただけで買うのはちょっと不安・・・という方に、ご希望のアンティーク家具をご自宅までお持ちしてお客様の思っていた雰囲気に合っているのかどうか確かめていただけるサービスです。(有料です・・・)
アンティーク家具のフィッティングをご希望の方はこちらです。

是非お試しください。

今日はここまでです。
次回もお楽しみに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA