アンティークリプロダクションテーブルをサイズを小さくする加工修理 その2

こんにちは。

今日は アンティークリプロダクションテーブルをサイズを小さくする加工修理 その2です。

前回天板と脚の大きさを小さくする加工と、脚の組みなおしまでお話しました。

しっかり組みあがっているのを確認してからはたがねをはずします。

次に天板の木口の加工です。
天板を4方向カットしたのでその断面はまっすぐです。

元々面取りの加工がしてあったので同じように加工します。

加工にはトリマーを使います。

天板の4方向を加工したら、次は脚と天板の位置を合わせて取り付けます。

元の脚の位置は色が変わっているので確認していただけると思います。

カットして脚の位置が均等にバランスよくなるようにあわせます。

天板と脚はこま(木の正方形の小さな角材)8個で止めてあるので
その位置を合わせて、天板と脚を固定します。

最後に加工した部分を塗装します。
色、質感を合わせて終了です。

内訳は

アンティークリプロダクションテーブルをサイズを小さくする加工修理   3時間

実作業で3時間です。

料金は1時間8400円×3時間

=25200円 です。

今日はここまでです。
次回をお楽しみに。

今日いよいよプロ野球開幕です!!!!
どきどきしますね~

また熱いシーズンが始まります!!!

今年は・・・今年こそは!!日本一だー阪神タイガース!!!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA