Eamesイームズのシェルチェア修理 ~アンティーク家具の修理実例をご紹介

 

お世話になっております。

アンティーク家具の修理実例をご紹介いたします!

今日はEamesイームズのシェルチェア修理です。

現状は・・・

 イームズシェルチェアの修理1

見た目にはなんともなさそうですが・・・

イームズシェルチェアの修理2

ベースのジョイントが接着剤、ゴムの劣化で取れてしまい、

イームズシェルチェアの修理3

ベースの脚の溶接が切れてしまっています・・・

イームズシェルチェアにはよく起きることですね。

 

今回の修理はお客様のご要望で

  • シェルチェアのゴムの劣化 > 交換
  • シェルチェアのベースの溶接折れ > 強度に心配がないレプリカの新品ベースに交換

 

まずは劣化してひび割れ、硬くなってしまったゴムを交換します。

ハーマンミラーのオリジナルのシェルなので慎重に慎重に・・・ゴムと接着剤を完全に綺麗に取り除きます。

いざっ接着!!

イームズシェルチェアの修理4

ゴムの交換は基本的に4つとも交換します。

見た目は交換するほどでもないような気がしますが、ゴムと接着剤の劣化は他の部分も同様に進んでいます。

また1つ取れてしまったことで他の部分に負担がかかり取れやすくなってしまいます・・・

 

次はベースの交換。

イームズシェルチェアの修理5

奥が壊れてしまったベース、手前が新品のベース。

レプリカとはいえ正規品なのでビジュアルは同じ!

ゴムの接着剤がしっかり固まったの確認します。これすごく大切です。

接着剤が完全でないところにベースを取り付けてしまうと・・・ずれてしまったり外れてしまったり、強度が落ちてしまったりします。

 

いざっ装着!!

イームズシェルチェアの修理6

高さも見た目も変わらず。

うん、良い感じです!

足先は水平を確認したときにプチプチをはずしました。でもお客様のご自宅にお届けするまで汚れてはいけないので常時つけておきます。

裏側のジョイントも確認。

イームズシェルチェアの修理7

浮きも、はずれも、緩みもなく完璧です!!

完成~!!

これでまた何十年も使ってもらえるようになりましたね。

 

また次回をお楽しみに~

 

 

Oku-Antiques HP

アンティーク家具出張修復、修理、ショップ、買取、委託販売、その他家具の修理、加工、改造、アンティーク照明器具・ランプ・スタンドの修復、修理、加工を承っております。

Antique Furniture Shop

イギリス、フランス、ヨーロッパ、アメリカのアンティークやヴィンテージの家具・雑貨・照明、ランプのネットショップです。

 

Oku-Antiques へのお問合せは

  • Mail info@oku-antiques.com
  • Tel 090-6515-3867 (10:00~18:00)
  • LINE LINE ID 「 @oku-antiques 」

友だち追加数

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA