アンティーク家具の合板(プライウッド、化粧板、ベニヤ)について

こんばんは。

前回は無垢板(ソリッド)のことと合板(プライウッド)が使われ始めたいきさつについてお話しました。

今日はその続き・・・・っとどこまで話しましたっけ?・・・・

そうでした、プライウッドの使われ始めた理由その2でしたね。

それは強度とコストの面で優れているということです。
割れ、反りについてはまったくないわけではありませんがソリッドに比べ数段優れています。

それにあわせて強度。ソリッドは木目に沿って割れてしまいますがプライウッドは木目が交互にそれも何層にもなっているわけですから強いですよね。

コストの面もホームセンターなどに行けば分かると思いますが無垢板と合板との価格の差は歴然です。
それは現代もアンティーク家具の作られた時代も同じでしょう。

そんなプライウッドも長い年月が経てば表面の化粧版(ベニヤ)が浮いてきてしまうことが多々あります。
何事も天下無敵ということはないのです・・・

アンティーク家具の内部を良く見てください。
そうするとプライウッドはいたるところに使われています。

背板、側板、底板あらゆる所に使われているのです。

すべてが無垢材が使われている家具はその価値と存在感、重厚感は十分にあります。

しかしプライウッドが使われていてもアンティーク家具の歴史の過程で使われてきたものですから決して価値の下がるものではないということをしっかり覚えておいてください。

いい表情(木目)を持ったものもたくさんあるのも事実ですから。
スライスした綺麗な木目を組み合わせてガレのような一枚の芸術作品を作れる!それがベニヤの最大の武器でもあります!

本日はこのくらいにしておきましょう。

次回はもう少し木材の話をしたいと思います。

まったく話は変わりますが私は激烈阪神タイガースファンです。
あと少しで25年になります。
私が人生で一番継続していることです。
そのタイガースにいた、井川慶選手がニューヨークヤンキースの入団記者会見での一言
「アイ アム ケイ イガワ」って中二かっ!!極楽とんぼの加藤も言っていましたがあそこまでひどいとは・・・・
いまどき野球馬鹿はあんまりいないのかと思ってましたが久々に野球馬鹿をみて、なんだかしょうがないのー応援してやるかという気持ちになりました。

それではまた

 

 

Oku-Antiques HP

アンティーク家具出張修復、修理、ショップ、買取、委託販売、その他家具の修理、加工、改造、アンティーク照明器具・ランプ・スタンドの修復、修理、加工を承っております。

Antique Furniture Shop

イギリス、フランス、ヨーロッパ、アメリカのアンティークやヴィンテージの家具・雑貨・照明、ランプのネットショップです。

 

Oku-Antiques へのお問合せは

  • Mail info@oku-antiques.com
  • Tel 090-6515-3867 (10:00~18:00)
  • LINE LINE ID 「 @oku-antiques 」

友だち追加数

follow us in feedly