チェア4脚の座の生地張替え修理

こんにちは。

今日は チェア4脚の座の生地張替え修理 です。

チェア4脚の座の生地張替え修理1

椅子の生地が痛んできたので張り替えてほしいとのご依頼です。

チェア4脚の座の生地張替え修理2

中のクッションはまだヘタっていないのでそのまま使用たいとのご依頼ですので、表面の布地のみはがします。

チェア4脚の座の生地張替え修理3

裏張りが張ってあり、その裏地もそのまま使えますのできれいにはがします。

チェア4脚の座の生地張替え修理4

お客様が東急ハンズで探してきた白のレザーで張ります。

チェア4脚の座の生地張替え修理5

ここで簡単に説明をさせていただきます。

椅子の生地の張替えのご希望の方には

①お客様ご自身でお好きな生地をご用意いただく方法

②私が持っているサンゲツの椅子生地のサンプル帳よりお好きな生地をお選びいただく方法

のどちらかをお選びいただけます。

サンゲツの椅子生地は椅子用なので特に問題はありませんが
お客様がご自身でご用意いただく場合の注意がいくつかございます。

①生地の厚みに注意してください。
 
 極端に厚かったり、薄かったりしなければ特に問題はないのですが
 頭の片隅に入れておいてください。

②伸びる生地は椅子の張替えには向きませんのでご注意ください。
 
 あまりにも伸びる生地は張る際にぴんと張れない場合があります。
 柄物などはせっかくの素敵な柄がびよーんと伸びてしまうので注意が必要 です。

③生地の大きさに注意してください。
 
 生地を張りかえる場合、座面の大きさよりも上下左右100mm(10c
 m)以上大きなものが必要となります。

 例えば、

 座面の大きさが
 縦500mm(50cm)、横400mm(40cm)の場合、

 生地の大きさは
 縦700mm(70cm)、横600mm(60cm)以上が必要です。

④大きな柄物やストライプには注意が必要です。
 
 大きな柄は中央に柄を合わせて張ったほうがきれいです。
 そのため中央に持っていきたい場所を決めてそこからサイズをとらなけ
 ればなりません。
 そのためいつも以上に大きめに生地が必要となります。

 ストライプについても、2色のストライプならば大きな問題はなく張れ
 ますが、3色以上のストライプは中央をどこにするか必要な生地の大き
 さが変わってきます。

このように気をつけなければいけないことがありますので、念のため購入前にご相談ください。

一応の注意事項ですので、あまり悩まずまずはご相談ください。

簡単と書いておきながら、意外と長文になってしまいました・・・
すみません・・・

裏地もきれいに張りなおします。

完成です!!!

さて
内訳ですが
   
チェア4脚の座の生地張替え修理   2時間

実作業で2時間です。

料金は1時間8400円×2時間

=16800円+生地代金です。

1本あたり張替え代金は4200円です。

ちなみに中のウレタンを交換する場合は2100円/1脚ご負担いただきますのでご了承ください。

今日はここまでです。
次回をお楽しみに。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA