イギリスアンティーク家具、ブックケースの扉の傷修復 その2

こんばんは。

今日は イギリスアンティーク家具、ブックケースの扉の傷修復 その2 です。

ざらつきをとったあとはステインで着色します。

このとき気をつけなければいけないのは、傷はステインがしみこみやすくなっているということです。
あまり不用意に入れてしまうと、目立たなくするはずなのに逆に黒ずんでしまって目立ってしまうのです。
自分が思っているステインより2トーンほど薄いステインから入れ始めます。

薄い分には濃くしていけますが、濃くなってしまったものを薄くするのは困難ですから。

次に乾かしたところで、リタッチします。

色を合わせます。

その後、シェラックニスで質感を合わせて終了です。

さて
内訳ですが
   
扉の傷直し塗装 1時間

実作業で1時間です。

料金は1時間、出張料込みで8400円です。

参考にして下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA