イギリスアンティークドローリーフテーブル天板つき板浮きの修復 その2

こんにちは。

今日は イギリスアンティークドローリーフテーブル天板つき板浮き、欠損の修復 その2 です。

前回はつき板の欠損のひどいところを整形するところまでお話しました。

次にその形に合わせてつき板を新たにカットします。

当然ですが同じ材を使い、木目も合わせます。
ここをパテで埋めてしまっている修復はもってのほかです。

次はそのつき板を接着するために養生をします。

つき板をしっかり接着し、段差、隙のない様にします。

あとはつき板部分をリタッチで着色して、質感を合わせます。

写真を写す向きを逆にしてしまいました・・・

天板全体の塗装のクリーニングをして、シェラックでフレンチポリッシュで仕上げます。

乾いたらワックスをかけて終了です。

さて
内訳ですが
   
イギリスアンティークドローリーフテーブル天板つき板修復   1.5時間
天板クリーニング、再塗装  1.5時間

実作業で3時間です。

料金は1時間8400円×3時間

=25200円です。

今日はここまでです。
次回をお楽しみに。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA