アンティークブックケースの仕様変更修理 その3

こんばんは。

今日は アンティークブックケースの仕様変更修理 その3 です。

引き出しの下部が欠損しています。
この修復をしたいと思います。

まずは欠損している断面を材を接着しやすいようにカットします。

ここで接着面が がたがた だったりすると
足した材がしっかりと圧着されず、強度が出ません。
断面が真っ直ぐになるように慎重にカットします。

ここでも必要以上に材をカットしないように最小限に留めます。

足す材は全体をばらしたときに出た使わない材を使用します。
そうすることで同じ種類、同じ質感の木を足すことができるので
あまり目立たなくなります。

足す材を必要な大きさにカットします。

このときも足す本体にしっかりと木目を合わせておかないと
おかしなことになってしまい、いくら同じ種類、同じ質感のものを使っても目立ってしまいます。

カットした材を木工ボンドをつけてはたがねで圧着します。

乾いたらはたがねを外し、
のこぎり、かんなで形を整えます。

仕上げはペーパーをかけて終了です。

今日はここまでです。
また次回をお楽しみに。

井川ナイスピッチングでしたねー
なんか子どもを見守る親のような心境です。
がんばって欲しいものです。

それに比べて我阪神タイガースは・・・
ふがいない試合が続いていますね・・・

がんばれー!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA