ドレッサーミラー支柱折れ修理 その1 <アンティーク家具の修理、修復、加工の実例をご紹介>

 

こんばんは。

お世話になっております。
イギリス・フランス・ヨーロッパ・アメリカアンティーク家具修復・修理アンティークショップオクアンティークスです。

アンティークの入荷が一段落いたしましたのでアンティーク家具の修理、修復、加工の実例をご紹介いたします!
本日はドレッサーミラー支柱折れのお直しです!

現状はというと・・・・

 

ドレッサーミラー支柱折れの修理1

オ~ノォ~・・・

ドレッサーミラー支柱折れの修理2
派手に折れてます・・・
このフレーム全体の芯材はプライウッドを使っています。
無垢板は万能!無垢板は素晴らしい!と思いがちですがこちらのフレームを無垢板で作るとどこかに木目に平行な部分が出来てしまいそこから簡単にポッキリ・・・ということが起きます。
アンティークでもプライウッド=ベニヤ(合板)を使っているものも沢山あります。
そのプライウッドが誕生し使われるようになった背景などをお話しすると5時間ぐらいかかりますので・・・割愛・・・
といってもプライウッド(合板)は適材適所に使われていればアンティークの価値をなんら損ねるものではありませんのでお間違えのないようお願いいたします。

さて・・・修理に戻ります。

まずは折れている部分を接着。
その接着箇所周辺を表面の装飾部分をのぞく3分の2以上の深さに掘り込みます。

ドレッサーミラー支柱折れの修理3
その掘り込み部分にギュ~ッとはまり込む材をカット、用意いたします。
この材は無垢板。矛盾しているようですが部分的に強度を出したいのでここは無垢板で。もちろんプライウッドでもどちらでもいいと思います。
折れ部分をカバーするようにしっかり圧着。固めます!
ドレッサーミラー支柱折れの修理2
今日はここまでです。
次回をお楽しみに~

よろしくお願いいたします。

 

 

Oku-Antiques HP

アンティーク家具出張修復、修理、ショップ、買取、委託販売、その他家具の修理、加工、改造、アンティーク照明器具・ランプ・スタンドの修復、修理、加工を承っております。

Antique Furniture Shop

イギリス、フランス、ヨーロッパ、アメリカのアンティークやヴィンテージの家具・雑貨・照明、ランプのネットショップです。

 

Oku-Antiques へのお問合せは

  • Mail info@oku-antiques.com
  • Tel 090-6515-3867 (10:00~18:00)
  • LINE LINE ID 「 @oku-antiques 」

友だち追加数

follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA