アンティークテーブルの天板再塗装(塗り替え)です。 < アンティークの修理、修復実例をご紹介>

アンティークのドローリーフテーブルの中天板が長い間使っていたので輪じみや白濁、塗装劣化による剥がれなどで傷んでしまっています。
▫️
両リーフはほとんどしまっていて購入された状態なので中天板のみを剥離、リーフに合わせて再塗装いたしました。
▫️
今回は綺麗に仕上げて元の状態に戻して欲しいとのご依頼でしたので綺麗に仕上げました。
綺麗にと言っても永く時間を経てできたアンティーク本来の持っている古傷を出来る限りのそのままに、質感は現在の全体コンディションに合わせて仕上げます。
▫️
お客様に喜んでいただけたので嬉しいです。いつもお客様に喜んでいただけるのを楽しみに仕事してますっ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA