アンティーク家具 ラックの虫食い修理 その4

こんばんは。

今日は アンティーク家具 ラックの虫食い修理 その4です。

足した材がしっかり圧着しているのを確認してからはたがねをはずします。

次は塗装です。

まずはペーパーで均します。
特につなぎ目に段差が出ないように注意します。

均したら次はオイルステインを入れます。
入れるオイルステインを間違えないように選択します。
間違えると真っ黒になってしまうので・・・

細かいところをまずは小筆を使って入れます。

それから全体に入れます。

ムラなく入れたら拭き残しのないようにしっかり拭き取ります。

その後、シェラックニスを塗って色を合わせます。

パインの家具の仕上げはパイン専用のブライワックスというものを使って仕上げるので色をあわせるところまでをシェラックニスでやります。

ただしっかり塗装面を作ってあげないとブライワックスをかけると色がはげてしまうので注意が必要です。

塗装が終了したら十分に乾燥させます。

今日はここまでです。
またお楽しみに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA