アンティークベントウッドチェア座面割れ直し その4

こんばんは。

今日は アンティークベントウッドチェア座面割れ直し その4 です。

麻布を座面にくっつけて乾燥させたら
麻布の余分な所をカットします。

強度は当然必要ですが、ビジュアルも大切です。
余分なものがはみ出ていたらかっこ悪いですよね。

これで
このベントウッドができたときのような強度が復活しました。

あとは表面の塗装直しです。

塗装を直す前に割れの段差はないのですが割れでできた毛羽立ち、引っ掛かりを取らなくてはいけません。

ペーパーやのみで丁寧に取り除きます。

せっかく割れは直したのに引っ掛かりが残ってしまっては
お客様の衣類が引っかかるなどのご迷惑をかけることになります。

特に椅子と言うものは家具の中で一番体に触れる面積、機会が多いものです。
木部の引っ掛かりが合ってはいけないのです。

椅子を購入する際には十分に確認してください。

あと割れで欠損してしまった所をパテで埋めます。
パテて埋めるといっても2、3ミリの溝です。

画像の中央の白いぽっちがそうです。

あとは塗装します。

これで終了です。

さて
内訳ですが

座面割れなおし(塗装まで) 1時間 

実作業で1時間です。

料金は1時間、出張料込みで8400円です。

参考にして下さい。

今日はこのへんで。
また次回お楽しみに。


“アンティークベントウッドチェア座面割れ直し その4” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA