アンティークベントウッドチェア座面割れ直し その2

こんばんは。

今日は アンティークベントウッドチェア座面割れ直し その2です。

割れをしっかりとめたところで
次の工程に入ります。

このようにしっかりと接着しないと次の工程が無駄になってしまうので
注意が必要です。

裏面も同様にしっかりとくっついているかどうか確認します。

ここで割れをしっかりくっつければ強度が出るものもあります。

ですが
ベニヤとはいえやはり木を使っているわけですから
木の繊維が切れてしまって割れているものが
元の強度と同じかと言えばやはり劣りますし、危険です。

座って ぴきっ といくぐらいなら大丈夫ですが、
中には踏み台として座面に乗る方もいるかもしれません。
家具の使い方は千差万別ですから。
そんな時に大きな荷重がかかったら・・・・
怖いですよね。

なので強度を出すために
あるものを座面の裏に貼ります。

それは・・・・

また次回に。
お楽しみに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA