アンティークドローリーフテーブルの修復 その3

こんにちは。

今日は アンティークドローリーフテーブルの修復 その3 です。

前回は天板裏のフェルトを張るところまででした。

天板裏をまずは塗装します。

オイルステインを入れて、しっかりふき取ります。

ニスも入れます。

乾かしている間に脚の塗装に移ります。

まずは全体をケンマロンで均します。
幕板の裏側、ストレッチャーの裏などペーパーをかけて均します。

埃やごみを取り除き、クリーニングします。

次にステインを入れます。
まずは裏側から。

当然幕板の裏側等も入れます。

脚にもオイルステイン入れて、しっかりとふき取ります。

今日はここまでです。
次回をお楽しみに。

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA