アンティークデスクの修復 その3

こんばんは。

今日もいい天気でしたね。
でも春なのにこの寒さ・・・
風邪ひかないように注意しましょうね。

さて今日はアンティークデスクの修復 その3です。

躯体の締めなおし
引き出し底板交換
調整

です。

まず
躯体の締め直しですが


このように外れかけているところや緩んでいるところを
一度はずして接合面をのりやごみをきれいにして
木工ボンドをいれ締めなおします。

組みなおすときに
躯体が歪まないように締めることが必要です。

とここで・・・
締めている画像をお見せしたかったのですがすみません・・・
画像が消えてしまいました・・・
文章からの想像でお願いします・・・

締めなおしたら
次は底板の交換です。


交換するので、まず底板を外します。

外したら底板をとめていた釘やビスを取り除きます。
間違っても釘を木部に残さないようにしてください。
釘を抜かずにニッパなどでカットして残りを削ったり、叩きいれたりしないです。
そんなもの修復でもなんでもないですね。いい仕事をしているとも思いません。
次に修復するときにその釘やビスが邪魔になります。

底板が入っている溝などをきれいにして新しいベニヤをいれます。

引き出しの割れは
割れている所のごみなどを取り除き
木工ボンドを奥までしっかりといれます。

その後Gクランプ(締める道具です)で割れている所に段差ができないようにしっかりと締めます。

間違っても段差ができてしまったからあとで削るなんて次元の低い仕事をしてはいけません。
これまた修復とは縁遠い、良い仕事ではありません。

引き出しの底板交換、割れなどの接着が終わったら
引き出しのすべりの確認をします。

今回のデスクにおいては大きく削ったり、レールの位置変えなどはありませんでしたが
躯体を締めなおしたあとには大概引き出しがきつくなったりするものです。

そこで引き出しの側面を軽く削ったり、本体についている引き出しのレールの位置を少し変えたりして引き出しの出し入れがスムーズになるように調整します。

その後 いぼた と呼ばれる蝋をぬって木部の磨耗を少しでも和らげて、すべりも良くなる作業を行います。

引き出しは基本的に物を入れて使うものです。

物を入れていない状態ですべりが悪いなどは言語道断。
物を入れてすべりが悪くなったり、底板がたわんでしまうなどないような修復が必要です。

幅や奥行きのある引き出しの底板には当然たわみを防ぐために補強が必要になってきます。

引き出しのついているアンティーク家具をお買い求めになる方は十分注意してくださいね。

あとは全体の木部に割れや欠損があれば修復します。

これが終了したら全体のクリーニングを行います。
これで木工作業は終了です。

今日はこの辺で
次回は塗装に入ります。
お楽しみに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA